組込みソフトウェア技術研究会

2017年度研究会予定


産業界に有効なシステム安全性向上手法、新しいアクシデントモデル
STAMP(Systems-Theoretic Accident Model and Processes)について

講師: IPA/SEC 調査役 石井正悟 氏

日時: 2017/10/27 (Fri) 18:30 - 20:30

場所: 静岡大学情報学部2号館2F 情24教室

申し込み: http://bit.ly/hept-sig201710

プログラム:

■ STAMP概要説明(30分)
 IPA/SECは、システム理論に基づく新しいアクシデントモデルSTAMP(Systems-Theoretic Accident Model and Processes)に注目しつつ、我が国の産業界に有効なシステム安全性向上手法の調査・検討・普及を
行うべく活動を進めています。本講演では、IPA/SECが発行した「はじめてのSTAMP/STPA」(2016年)、「はじめてのSTAMP/STPA(実践編)」(2017年)に記載したSTPA(STAMP based Process Analysis)について概説し、STPAによるシステム安全性分析手順を解説します。

■ STAMP/STPA演習(90分)
具体的な事例に対して、STAMP/STPAによるシステム安全性分析を体験していただきます。
下記手順の分析を行い、STAMPが目指す「自由な発想を引き出す」効果を感じていただきます。

  • Step0 アクシデント、ハザード、安全制約の識別
  • Step0 コントロールストラクチャーの構築
  • Step1 非安全なコントロールアクションの抽出
  • Step2 非安全なコントロールの原因の特定
  • 対策検討

直近のイベント

Login

お問い合わせ

静岡大学情報学部内 組込みシステムアーキテクト研究所
住所: 〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1
TEL/FAX: 053-478-1577
E-mail: